新着情報

プレスリリース

ブレないAGE研究

sikenkan_m.jpg

山岸先生はAGEの研究を約30年間されていて

英文の研究論文は540報を超えています。

AGEの研究は老化に関わることなので、時間がかかります。

1990年代から少しづつAGEが様々な病気の要因の1つだということが分かってきました。

2000年に入ると、そのAGEをどのようにすれば体に溜めにくくするかなどの研究が進んできました。

最近は抗AGE成分、抗糖化成分も分かってきたところです。

AGEを理解すると老化のメカニズムがわかり、

自分で老化にブレーキをかけることができます。

アンチエイジングの新たな情報で、まだまだ知らない人ばかりです。

AGEを学んで、老化のスピードを緩めてみませんか。

 

山岸先生の話の内容を時系列で並べてみました全くブレがありません。

是非読んでみて下さい。

 

●2012年05月25日 PHPオンライン衆知
老けたくない!老化物質AGEをためない食と習慣
↓↓↓
http://shuchi.php.co.jp/article/1006?


●2013年03月15日 「太陽笑顔fufufu」ロート製薬
〜キレイの敵は「こげつき」だった!?今すぐ知りたい”糖化”の正体〜
↓↓↓
http://fufufu.rohto.co.jp/feature/330/1/#bm0

 

2014年09月11日 「ASIAN AGING SUMMIT 2013」開催報告
日経BP社21世紀医療フォーラム事務局
↓↓↓
http://www.nikkeibp.co.jp/aging/article/report2013/20140911/01/02.html

 

●2015年03月20日 R25 30オトコの本音に向き合う リクルート
「老けやすくなる料理」ワースト3
↓↓↓
http://r25.jp/life/00041224/


●2015年4月23日 日刊現代デジタル
老化早める物質「AGE」は食事の工夫で蓄積量が抑えられる
↓↓↓
 http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/159229/3

 

●2015年11月号 致知出版社
「老化防止の新たな可能性を開く」
↓↓↓
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=972391346137746&id=177000792343476


2016年5月 『Fole(フォーレ)』5月号 取材記事 雑誌
株式会社みずほ総合研究所発行のみずほ銀行会員向け経営誌
「健康で豊かな人生のためのAGE制限のススメ」
 

 

●2016年7月2日 毎日新聞 医療プレミア
さまざまな病に関わる危険な物質「AGEs」
↓↓↓
http://mainichi.jp/premier/health/articles/20160701/med/00m/010/005000c

 

 

 

 

 

 

 

 

 

≫ 続きを読む

プレスリリース   2016/11/26   reage55